メールのセキュリティ対策

コミュニケーションツールとして欠かせない存在の電子メールですが、セキュリティ対策を講じなければコンピュータウイルスの感染リスクが高まります。

まずは基本中の基本として、不審なメールを開封しないということを肝に銘じておきましょう。

送信者を特定できないメール、特にファイルが添付されているメールの取り扱いには慎重を期す必要があります。

このようなメールを受信した場合には、削除してしまった方が良いでしょう。

どうしても確認をする必要がある場合には、プロパティでソースコードを参照し、怪しい部分がないかチェックしましょう。

また、知人からのメールであっても油断は禁物です。

なぜなら、知人から送信されたメールにウイルスが潜んでいる可能性を否定できないからです。

どのようなメールであっても細心の注意を払いつつ取り扱うことが、セキュリティ対策の観点から極めて重要と言えるでしょう。

また、こちらが電子メールを送信する場合には、なるべく本文で完結させることを心掛けましょう。

ファイルを添付する場合にはセキュリティ対策ソフトの機能を用い、コンピュータウイルス感染の有無をチェックした上で送信します。

さらにファイルが添付されていることや、その内容を本文に記載することを忘れずに。

そして、添付ファイルの拡張子に注目することも大切です。

何が実行されるのかを拡張子で判断することは「ある程度」可能ですが、安全なファイルを装っている可能性を疑い、プロパティでファイル形式を確認し、必要か否かを見極めましょう。

トップページ | 感染時の症状 | ウイルスの種類 | 代表的なウイルス | トロイの木馬 | ダウンロードの危険性 | ウイルス対策のポイント | フィッシング対策 | スパイウェア対策 | メールのセキュリティ対策 |

化粧品・エステ | 住宅ローン、カードローン | FX・証券会社 | クレジットカード | プロバイダ・レンタルサーバー | 求人、転職 | その他のリンク集