フィッシング対策

セキュリティ対策の一環としてフィッシングに対する理解を深めると同時に、対策を講じましょう。

フィッシングは氏名や住所のみならず、IDやパスワード、金融機関の口座番号やクレジットカード番号などの個人情報を盗用することを目的に、銀行やクレジットカード業者などといった金融機関に偽装し、電子メールを送信する行為を指します。

もちろん正規の金融機関では注意喚起や対策を行っていますが、自分でできるセキュリティ対策は行いましょう。

具体的な対策としてはブラウザで確認する方法、ツールバーを使用する方法などが挙げられます。

ブラウザに表示されているSSLの鍵マークは通信の暗号化を表し、偽装されたサイトでは暗号化が行われていない場合が多いのです。

また、鍵マークをダブルクリックすることで、URIがアクセスしているサイト名と一致しているか、信頼性を備えた機関が発行した電子証明書かの確認が可能です。

ちなみに、ブラウザのURIが「https」で始まっているか否かによってSSLの暗号化通信を見極める方法もあります。

ツールバーは、導入することでフィッシングの危険性を警告という形で表示させることができます。

また、フィッシング対策ソフトを導入することによってセキュリティを強化する方法もあります。

いかにも重要な電子メールを装っているため、受信した際には冷静さを失いそうになりますが、そもそも電子メールで個人情報を入力させる案内が送信されることはないでしょう。

仮にあった場合、情報が虚偽のものでないか裏付けを取りましょう。

また、電子メールのリンクからサイトにアクセスしないことも、フィッシングの被害に遭わないためには重要です。

トップページ | 感染時の症状 | ウイルスの種類 | 代表的なウイルス | トロイの木馬 | ダウンロードの危険性 | ウイルス対策のポイント | フィッシング対策 | スパイウェア対策 | メールのセキュリティ対策 |

化粧品・エステ | 住宅ローン、カードローン | FX・証券会社 | クレジットカード | プロバイダ・レンタルサーバー | 求人、転職 | その他のリンク集