コンピュータウイルスとは



コンピュータウイルスとは何かを知ることは、適切なセキュリティ対策をする上で非常に重要です。

まず、コンピュータウイルスには主に3つの機能があることを覚えておきましょう。

ちなみにその機能というのは「自己伝染機能」「潜伏機能」「発病機能」が挙げられます。

経済産業省の「コンピュータウイルス対策基準」でコンピュータウイルスの定義付けがされていますが、3つの機能のうち1つ以上が該当すれば、コンピュータウイルスと呼べるというものです。

また、第三者のプログラムやデータベースをターゲットにし、故意に被害を与えるように作成されたプログラムであることが条件として定められています。

ちなみにひとつひとつの機能を紐解いていくと、自己伝染機能はコンピュータウイルスが自らの複製を作成し、他のシステムに伝染する機能です。

次に潜伏機能ですが、この機能は発病するためのタイミングなどの条件が整うまでシステムに潜みます。

そして発病機能は、コンピュータを正常に動作させなくしたり、プログラムやデータなどのファイルを破壊したりする機能です。

自らのコンピュータのみならず他者への影響が考えられ、コンピュータウイルスが潜んでいることに気が付かないことがあるといったように、発病する以外の脅威があることが分かります。

そのため、セキュリティ対策ソフトを導入することで、発病する前にコンピュータウイルスを駆逐する必要があるのです。

また、ウイルスに感染しないようなコンピュータの使用を心掛ける必要もあるでしょう。



プロバイダによってはウィルス対策をおこなっているプロバイダもあります。高速通信なら光プロバイダでセキュリティ対策に対応しているプロバイダを調べてみましょう。

例えばネットで振込ができる便利なネットバンクを利用するならセキュリティ対策は必須です。



緊急時の対処



セキュリティの網の目を潜りコンピュータウイルスが侵入した場合、のんびりしていると感染が拡大してしまう危険性があります。

あらかじめ対策を把握しておくことで、いざという時に慌てないようにしましょう。

被害を大きくしないためにするべきこととして、まずはインターネットの接続をOFFにします。

この時、問題が解決するまで接続をしてはいけません。

再接続することによる感染拡大、情報漏洩の恐れがあるからです。

インターネットの接続をOFFにしたら、同時進行でLANの接続もOFFにしましょう。

LANで複数のコンピュータが繋がっている状態では、他のコンピュータにまでウイルスが及んでしまうためです。

必ずしもコンピュータウイルスの感染源がインターネットや各種メディアに限定されるわけではありませんので覚えておきましょう。

また、メールの送信後にウイルスの感染が発覚した場合には、ただちに受信者に通知をする必要があります。

受信者がセキュリティ対策を講じている場合には、ウイルスを検出できる可能性が残されていますが、そうでない場合には適切な対処を求めましょう。

緊急時にはこれらのことを行い、その上で駆除を行うことが大切です。

この時、セキュリティ対策ソフトを用いることになりますが、慎重に手順を確認しながら作業を進めましょう。

また、職場でコンピュータを取り扱う方は感染時の対処方法を把握しておき、担当者が設置されている場合はただちに感染の事実を伝え、指示に従いましょう。

リンク集



ITエンジニアの転職ならエンジニア転職サイトから。

カスタマイズできるBTOパソコンならほしい機能でコストパフォーマンスに優れたPCを選べます。

借りているローンをもっと低金利のものに借り換えすることによっ返済負担が減らせます。

これは住宅ローンなどの大きな借り入れにもおすすめの方法です。ネット専業の銀行などでできる住宅ローンの借り換えが金利が低くておすすめ。

トップページ | 感染時の症状 | ウイルスの種類 | 代表的なウイルス | トロイの木馬 | ダウンロードの危険性 | ウイルス対策のポイント | フィッシング対策 | スパイウェア対策 | メールのセキュリティ対策 |

化粧品・エステ | 住宅ローン、カードローン | FX・証券会社 | クレジットカード | プロバイダ・レンタルサーバー | 求人、転職 | その他のリンク集